ヲタクのお宅
ヲタクなネタを日々書いています。時期によってはスキーボードネタに片寄るかも?
ヲタク in ガーラ湯沢 1/29

まあ、いろいろあった事件のことに関しては前の日記で書いたので今回はそれまでのあらすじを...。(ぉ







昨日は晴れてたのですがこの日は雪、新雪で滑れるのは良いのですがかなりの濃霧でコース場が見えなくなったり...。
コンディション的には良くなかったのですがつかの間の晴れ間でパークを攻めてました。

特に今回攻めてみたのがこのスパイン。
スパイン

前回買ったこのDVDでやってたハンドドラック360°をずっとやってました。


フリー・スタイル・スキー パークマスター 2 [DVD]



実際、平坦なところからの落ち込みより飛ぶきっかけがあるのでやりやすいと思います。
感じとしては少しオーリー気味にまくられる感じで飛び出す感じ?
正直飛び出す勇気はいりますが...。
あとスピード調整も注意しないと勢い余って腕がつけないとほんとにそのまま吹っ飛んでいくので...。
何回雪にキスしたことか...。(ぉ

逆に勢い足りないと回転のとき雪に板引っかかって腕への負担が結構あった。






そんなことを繰り返しながら、頑張った結果何回か出来た感じ!

実際、動画撮ってないのでちゃんとしたものになってたかわかりませんが、両足の浮遊感と両手のつき具合が自分では決まったと思う。
着地もちゃんと決まったしね!
ただ、私の場合スノーブレードなので板が短いこともあり普通よりは足が上がってなかったかも知れないですが...。


さて、次にいく時にこの感覚を覚えていられるかどうか気になるところ...。(ぉ





あと、練習と言えば濃霧になってた時このボックスで270°インの練習もしてた。
T字ボックス

まあ、今までも何度かやってたんですが体に思い出させる感じで...。
何度かやってるうちに感覚取り戻せてベタ着出来るようになった!

調子にのってプレッツェルの練習もしたけどまったく出来なかった...。
ちなみにプレッツェルと言うのは270°イン270°アウトなんだけど、インの時の回転方向と反対方向の回転でアウトする技で、インしたあと前側の足のエッジをボックスに引っ掛けて回転を止め、逆回転のきっかけを作るの時のポーズが独特の技。

言葉で説明しても難しいのでネットで検索したらこんな動画が出てきたのでエッジを引っ掛けると言うのがどういうことなのかこれを見てくれ!




と言うか、これやりすぎ!!(ぉ

しかし、前足のつま先あげたりかかとあげたりすることでボックスのコーピング(端にある鉄のパイプの部分)にエッジを引っ掛け自由自在に回転方向を自分で返られることがわかってもらえただろうか。
このエッジをかけると言う動作がここ数年のジブで進化したところだそうです。


まあそう言うことで270°インなんて珍しくも何ともない感じ...。(;´д`)
私もこのくらい出来るように精進しないとな!!











その前に腕を直すのが先決だが...。(爆)









追伸
とりあえず今回も写真撮ってきたのでコンテンツ、フォトギャラリー32010年1月29日をご覧下さい。
だいたいのガーラの様子は前回の写真に載っけたので今回はパークアイテムメインです。

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




コンテンツ

フォトギャラリー1
フォトギャラリー2
フォトギャラリー3
フォトギャラリー4
フォトギャラリー5
フォトギャラリー6
フォトギャラリー7
フォトギャラリー8
工房1
工房2
工房3
料理1
ストアーNew!!


プロフィール

TA-23

Author:TA-23
見てのとおりただのヲタです。
ありがとうございまs(ry

もっぱら水樹奈々ちゃんを推してたりしますが、他の声優さんやらインディーズのアーティストさんやら神出鬼没で現れたりします。

そんな私でも靴や服のカスタマイズをしたり、Macをいじったり、一般人なことやってます。
最近は車のカスタマイズも...。

今、スキーボードに力をいれてます!(`・ω・´ )シャキーン


ストアー

ブログで取り上げた商品、または管理人がおすすめの商品をここから購入できます。


商品検索


最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


検索フォーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


過去ログ


リンク

このブログをリンクに追加する